当サイトについて

高血圧や糖尿病をはじめとした症状、治療、予防法や改善方法まで、
生活習慣病の理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。

しかし、高血圧の専門医師は全国でたったの400人
糖尿病の専門医師も少なく、わずか3,400人程度と言われています。
続きを読む →

記事一覧

乳酸菌で予防、改善

生活習慣病を改善してくれる乳酸菌

生活習慣病(高血圧や糖尿病など)を予防・改善する乳酸菌生産物質の効果を解説。
毎日の健康をサポートする働きを調査しました。
続きを読む

知っておきたい原因と予防法

 

長寿大国の日本。男性の平均寿命がついに80歳を超え、女性は寿命が世界最長の87歳となっています。(2014年版「世界保健統計」より)

しかし、日本人の3分の2の人が生活習慣病で亡くなっており、特に三大疾病と呼ばれている「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」で死亡する割合は約55%にものぼります。
続きを読む

糖尿病の治療

糖尿病の治療

糖尿病における治療の目的は、血糖、血圧、血清脂質、体重などをコントロールすることにより、合併症の発症および進行を阻止し、健康な人と変わらない日常生活の質(QOL : quality of life)を維持し、健康な人と変わらない寿命を全うすることです。

治療は、まず食事療法と運動療法を中心に行いますが、良好に血糖値がコントロールできない場合には薬物療法を併用します。また、インスリンが絶対的に不足している1型糖尿病ではインスリン注射による治療が基本となります。 続きを読む

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームに由来する生活習慣病

内臓脂肪が増えると血糖・血中脂質・血圧を上昇させて、メタボリックシンドロームを起こします。すると様々な生活習慣病の原因になります。
続きを読む

生活習慣病のリスク

生活習慣病は食事節制がつきまとう

生活習慣病は、名前の通り、“生活習慣に基づくところ”が大きい病気です。特に食事療法は大きな意味を持ちます。

厚生労働省が発表していますが、

・高血圧患者の場合、塩分量は1日に6g以下
・糖尿病患者の場合、calは標準体重×運動強度cal(軽作業は30kcal以下、立ち仕事などは35kcal以下など)
・高コレステロール値の場合、コレステロール摂取量を200mg以下
続きを読む

生活習慣と健康の密接な関係

 

生活習慣病とは文字通り生活習慣の乱れが原因で起こる様々な病気の総称です。
メタボリックシンドロームが有名になるのとほぼ同時に世間一般に認知される様になった病名ですが、以前は成人病と呼ばれていた病気たちです。
これまでは症状が出てからその病気を治療してきた臨床医学の世界でも病気にならない様に指導する予防医学の重要性が認められる様になってきました。
そのため成人になると発症リスクが高まる成人病の原因は生活習慣にあるという考えと、年々成人病の若年齢化が進んできているため成人病の考え方を見直し、更に最新の研究結果を盛り込んで生活習慣病と改まったのです。
続きを読む

動脈硬化を起こさない

狭心症や心筋梗塞の基本的な原因は、動脈硬化です。それだけに予防のためには、まず食生活をはじめとした生活習慣を改善し、できるだけ動脈硬化を起こさないようにすることが大切です。

食生活を
見直す

多くの生活習慣病の原因として、慢性的な食べすぎ、飲みすぎなど、食生活上の問題があります。腹八分目を心がける、肉類や揚げ物など の高カロリー食をひかえめにする、塩分の強い食べ物やコレステロールの多い食べ物を続けて食べないなど、食生活には十分に注意する必要があります。 続きを読む

予防と改善のための食事療法

 

(1)病気の要因を減らす

1)食事療法の意味

健康を保つポイントは栄養、休養、運動とされています。食事によって摂取するさまざまな栄養素は、身体の機能や組織を健康に保つ役割を果たし、生命の源となります。

しかし、食事の内容に偏りがあったり、暴飲暴食を続けることは肥満を招き、高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風といった生活習慣病の原因にもなりかねません。 続きを読む

食生活と生活習慣病

病気の原因(げんいん)には、病原体、有害物質(ぶっしつ)などの外的環境(かんきょう)要因(よういん)や遺伝子(いでんし)異常(いじょう)な どの遺伝(いでん)要因(よういん)ばかりでなく、食習慣(しゅうかん)などの生活習慣(しゅうかん)要因(よういん)も深く関わりがあります。 続きを読む

健康と運動

運動すると、虚血性心疾患、高血圧、肥満などになりにくいといわれていますが、本当なのでしょうか。日本生活習慣病予防協会の池田義雄理事長に聞きました。

運動で生活習慣病を予防できるのですか

「1週間に500キロカロリー以上を消費する運動は、それ未満の運動に比べて、循環器系の疾患での死亡率を下げることが疫学調査でわかっています。また 運動は、筋肉の細胞に血中のブドウ糖を取り込みやすくするので、血糖が下がりやすくなり、糖尿病を予防できるともいわれています」 続きを読む